月別アーカイブ

 2010年02月 

雑記 その1 

 ~南蛮渡来のスグレモノ~

 「椅子」といえば、四脚の脚に柔らかな“座”と“背”があるカタチを
思い浮かべますが、畳文化の日本にその姿はなく、まさしく西洋から
伝来したモノということを語っています。

 その伝来は1543年ポルトガル船が種子島に漂着し、鉄砲を伝えた
時代までさかのぼります。当時、南蛮人と呼ばれたポルトガル人は、
キリスト教の布教をはじめ医療等の優れた知識や雑貨等の西洋文化
を数多く伝えました。その中で「椅子」は、腰を掛けるスグレモノの一つ
として日本に伝来されていたはずです。しかし、江戸幕府の鎖国という
厚い壁にさえぎられ、200余年の間、椅子は異国人の生活家具として
のみ存在することになります。

 [弊社カタログより抜粋]