FC2ブログ

東京スカイツリー 

先日、東京出張の際にスカイツリー周辺を訪れる機会がありました。

東京スカイツリー

初めて間近で見ましたが、その大きさと構造としての美しさに圧倒されました。

スカイツリーについて調べてみると、他のタワーと構造が違うそうです。

スカイツリーは、上空から見ると床面部分は正三角形ですが、
上に上がるにつれて円形になっていくという珍しい構造になっています。
これは長細い敷地で底面部分を少しでも大きくとるための工夫だそうです。

タワーのような高層建築物は、底面が大きい方が当然安定します。
スカイツリーの場合、長細い敷地に四角形の足元を作ろうとすると
一辺は60m、円でも直径は60mしかとれませんでした。
そこで底面を正三角形にしてみると一辺の長さが約68mもとることができ
より安定するようになったそうです。

また、正三角形→円形に変わる構造は、タワーを安定させる以外にも
見る方向が異なればシルエットも変わるという面白さも出ていると思います。

スカイツリーのように厳しい条件でも、デザインの力で機能的で美しく
解決できるということは、今後の開発の参考にしたいと思いました。

・高畑Webサイト⇒http://www.chair-up.co.jp
・高畑ネットショップ⇒https://www.takahata.chair-up.co.jp/biz

 [管理部]